スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東川町 湯元湧駒荘

※今回は画像が多めの記事になっています※

先日の3連休を利用して東川町にある「湯元 湧駒荘(ゆこまんそう)」に宿泊してきました

実はここ、日帰り温泉で何度か行った事があり雰囲気や料理、温質などが良かったので一度泊まってみたいなぁ、と思っていた場所なのです。

隣町で家から近いってのも
ただ、場所が旭岳のふもとになるので1時間弱はかかります。

途中、東川町にある道の駅やよく行ってるカフェに寄り道しつつ、15時くらいにチェックイン。
特にひどい天候(宿の近くは吹雪いていたけど;;)でもなかったのでホッと一息

宿の外観はこんな感じです。(これだけ翌日に撮りました)

沸駒荘1

一見するとスキー場のロッジ風。
近くにある他のホテルも似たような外観だったので、雪が多いこの地域ではこれがベストなのかも。

入り口を入るとこんな看板がw

沸駒荘2

「日本秘湯を守る会」
ま…まあたしかに秘湯かもしれない…
ここら辺に来る観光客の多くは層雲峡あたりに行くだろうから…
帰ってから調べてみると、なんかそれらしいサイトがあったので興味のある人は各自ググッてほしいw

ここは場所柄、夏は登山客、冬はスキーヤー&スノーボーダーが多く利用するらしく、こんなモノもレンタルしていた。

沸駒荘3

スノーシュー!!
これで雪山探検or登山もバッチリ

入ってすぐのロビーには暖炉があり、なんか雪山のホテルに来たー!という感じがする。

沸駒荘16

勿論、本物の火ですw
遠赤外線の効果(?)でとても暖かい

暖炉の周りにはこんな方々もお出迎え♪

沸駒荘5
沸駒荘4

リアルプーさんとチョッパー
あ、チョッパーはトナカイだったか…

部屋に案内され、早速温泉へ

沸駒荘6

時間帯で男女の入るところが入れ替え制らしい。
さすがに内部を撮るのは躊躇われたので割愛。

温泉の感想としては、ここの温泉全てに言える事だけど、お湯が全体的にぬるめ。
熱いお湯が好きだぜッ!って人には物足りなく感じるかもだけど、長湯派や半身浴派、子供連れにはいいと思う。
私は、内湯が湯気でスチームサウナ的になってるところは苦手なのでここは好き。
ぬるめだけど、ゆっくり浸かってると芯まで温まってくるので上がった後もポカポカ

ただ1つこの時期残念なのが本館露天風呂が使用出来ない事。(別館の露天風呂は使用可能)
でも仮に使用出来たとしても、内湯から少し距離があり真冬に標高1,000メートルを裸で移動するのはちょっと勇気が…
寒い→走る→転ぶのコンボを喰らいそうw

上がった後は、隣にあるラウンジで一休み。

沸駒荘7

冷たいお水や温かいお茶、コーヒーが宿泊の人には無料で利用できるので雪山を眺めながらの一時を過ごせます。

沸駒荘9

名物の「白いコーヒープリン」食べながらお風呂上りの休憩。
あ、そうそう。水で思い出したけど、ここのホテルには湧水が湧いてます。
場所は外とロビー。
外のやつは冬は難しいらしい(雪と寒さでそこまで辿り着けない…)けどロビーにあるやつはこちら。

沸駒荘12
沸駒荘13

このお水は無料で持ち帰りも出来るみたいです。(容器は各自用意or売店で販売)

沸駒荘8

館内の所々に上の画像にある木のタイル張りの床があり、そこを歩くと木琴の様な音がします

沸駒荘10
沸駒荘11

子供連れやスキーヤーにも配慮した施設があるのも

部屋に戻り一休みしたら次は別館の温泉に
別館=日帰り温泉客専用温泉なので何回か入ったことはあるけどねw
(宿泊の場合には本館・別館どっちも利用可能)

沸駒荘15

特筆すべき点は、日帰り入浴料+お弁当+プリンが1,500円というお徳価格というところ。
他にも日帰り入浴とセットになった食事があるのでそれもお徳。

沸駒荘14

ここで食事ができます。
例によって温泉内部は割愛w

別館の感想としては、お湯は本館と同様ぬるめ。
天井が高い(目測で7~8メートルくらい?)ので本館よりも開放感はあります。
露天風呂もあるので冬はこっちに入る人も多いみたい。
ただ、露天からの景色は目の前が雪の壁になってるので皆無です。
ああ、空は見えましたw
宿泊の場合には、日帰り客の利用時間外に行くと空いてて良いかも。

食事は量も多くとても美味しかったのです。※食事中に料理を撮るのは好きではないため画像はありません。
とてもここが標高1,000メートルだと思えないくらいのクオリティでした
そしてここでもデザートにプリン(本日2つ目)
味は、蕎麦の味の白いプリンでした。
個人的には、白いコーヒープリンのほうが好きかな。初めて食べたときのインパクトも大きかったし。

そして部屋に戻ると布団の用意と共にこんなものが…

沸駒荘18

あの…今日だけでプリン3つ目なんですが…

話は少し戻り、食事が終わり部屋に戻る途中のこと。
なにやらロビーが騒がしく行って見ると支配人らしい人が外が大変なことになってるとのこと。
ハテ、もしかして猛吹雪か?と思い外を見るとそうでもないらしい。
この時間(20時くらい)普通でも寒くて外に出るのは躊躇われるのに、何故か外には数名の宿泊客が浴衣姿でおり、凍死願望でもあるのか?と一瞬思ったけど話聞くと月の変わった現象が出ているとのこと。

私も浴衣のまま出て見ると、月の周りに大きなリングが出来てる!!!
なにこれ。すごい幻想的なんですけど!!
これは撮らなくてはと思いカメラを構えるも…
あ…あれれ…肉眼では見えるのにカメラには映らない
コレは…一眼じゃないと無理ぽいなぁ;;
とりあえず撮ったけどやっぱりダメでした

沸駒荘21

翌日は綺麗な晴天だったので旭岳ロープーウェイに寄り道。

沸駒荘19

スキーヤーとスノーボーダーが超多かったwww

最後は湧駒荘さんと旭岳を撮って帰宅

沸駒荘20

自宅から1時間で来れるので運転疲れもなくゆっくりとした時間を過ごす事ができました。
また来たいなぁ



今回泊まったお宿はこちら↓
湯元 湧駒荘

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旭山動物園 美瑛 富良野を旅する北海道・道北観光にも最適!旭川旭岳温泉 湯元 湧駒荘

北海道旭川市からのアクセスも良い、上川郡の旭岳温泉は北海道内最高峰の旭岳の中腹にあり、かつては勇駒別(ゆこまんべつ)温泉と呼ばれ親しまれてきた温泉です。 旭川旭岳温泉

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おひさー

どもども、子供とDSのモンハンにはまってインできない横井です。
近くの温泉に泊りとかいいですねぇ~
ワカサギ釣りが目に付いたのでレスしちゃいました!
いいですよね、ワカサギ釣り!そうワカサギ釣り!!
大事な事なので2回いいm
私も子供と行きたいと思ってなかなか実行できていません。
関東もあるけど、船の上とかなんですよね。
北海道だと氷の上だと思うのでうらやましい。
ぜひレポお待ちしております。

No title

>横井 さま
>子供とDSのモンハンにはまって
あはははw
3死したら親の威厳が下がりそうですねw

>ワカサギ釣り
いちお2月(多分、中旬~下旬)に行こうかなって思ってます。
ただ、娘が小さいのでどれだけいれるか…
あと釣れる時間帯は早朝or夕方なので移動も大変そう…
そして一番は、寒さ対策ですね!!
色々とパタパタになる気もしますが記事にしたいと思います^^
今週の市順位
10位
著作権
1. 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 (C)2003-2010 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
2. このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
プロフィール

杜若宗介

Author:杜若宗介
活動サーバー→萌黄
生産依頼は、最近インの頻度が不安定なので時間がかかりますことをご了承願いします。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。