スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東川町 湯元湧駒荘

※今回は画像が多めの記事になっています※

先日の3連休を利用して東川町にある「湯元 湧駒荘(ゆこまんそう)」に宿泊してきました

実はここ、日帰り温泉で何度か行った事があり雰囲気や料理、温質などが良かったので一度泊まってみたいなぁ、と思っていた場所なのです。

隣町で家から近いってのも
ただ、場所が旭岳のふもとになるので1時間弱はかかります。

途中、東川町にある道の駅やよく行ってるカフェに寄り道しつつ、15時くらいにチェックイン。
特にひどい天候(宿の近くは吹雪いていたけど;;)でもなかったのでホッと一息

宿の外観はこんな感じです。(これだけ翌日に撮りました)

沸駒荘1

一見するとスキー場のロッジ風。
近くにある他のホテルも似たような外観だったので、雪が多いこの地域ではこれがベストなのかも。

入り口を入るとこんな看板がw

沸駒荘2

「日本秘湯を守る会」
ま…まあたしかに秘湯かもしれない…
ここら辺に来る観光客の多くは層雲峡あたりに行くだろうから…
帰ってから調べてみると、なんかそれらしいサイトがあったので興味のある人は各自ググッてほしいw

ここは場所柄、夏は登山客、冬はスキーヤー&スノーボーダーが多く利用するらしく、こんなモノもレンタルしていた。

沸駒荘3

スノーシュー!!
これで雪山探検or登山もバッチリ

入ってすぐのロビーには暖炉があり、なんか雪山のホテルに来たー!という感じがする。

沸駒荘16

勿論、本物の火ですw
遠赤外線の効果(?)でとても暖かい

暖炉の周りにはこんな方々もお出迎え♪

沸駒荘5
沸駒荘4

リアルプーさんとチョッパー
あ、チョッパーはトナカイだったか…

部屋に案内され、早速温泉へ

沸駒荘6

時間帯で男女の入るところが入れ替え制らしい。
さすがに内部を撮るのは躊躇われたので割愛。

温泉の感想としては、ここの温泉全てに言える事だけど、お湯が全体的にぬるめ。
熱いお湯が好きだぜッ!って人には物足りなく感じるかもだけど、長湯派や半身浴派、子供連れにはいいと思う。
私は、内湯が湯気でスチームサウナ的になってるところは苦手なのでここは好き。
ぬるめだけど、ゆっくり浸かってると芯まで温まってくるので上がった後もポカポカ

ただ1つこの時期残念なのが本館露天風呂が使用出来ない事。(別館の露天風呂は使用可能)
でも仮に使用出来たとしても、内湯から少し距離があり真冬に標高1,000メートルを裸で移動するのはちょっと勇気が…
寒い→走る→転ぶのコンボを喰らいそうw

上がった後は、隣にあるラウンジで一休み。

沸駒荘7

冷たいお水や温かいお茶、コーヒーが宿泊の人には無料で利用できるので雪山を眺めながらの一時を過ごせます。

沸駒荘9

名物の「白いコーヒープリン」食べながらお風呂上りの休憩。
あ、そうそう。水で思い出したけど、ここのホテルには湧水が湧いてます。
場所は外とロビー。
外のやつは冬は難しいらしい(雪と寒さでそこまで辿り着けない…)けどロビーにあるやつはこちら。

沸駒荘12
沸駒荘13

このお水は無料で持ち帰りも出来るみたいです。(容器は各自用意or売店で販売)

沸駒荘8

館内の所々に上の画像にある木のタイル張りの床があり、そこを歩くと木琴の様な音がします

沸駒荘10
沸駒荘11

子供連れやスキーヤーにも配慮した施設があるのも

部屋に戻り一休みしたら次は別館の温泉に
別館=日帰り温泉客専用温泉なので何回か入ったことはあるけどねw
(宿泊の場合には本館・別館どっちも利用可能)

沸駒荘15

特筆すべき点は、日帰り入浴料+お弁当+プリンが1,500円というお徳価格というところ。
他にも日帰り入浴とセットになった食事があるのでそれもお徳。

沸駒荘14

ここで食事ができます。
例によって温泉内部は割愛w

別館の感想としては、お湯は本館と同様ぬるめ。
天井が高い(目測で7~8メートルくらい?)ので本館よりも開放感はあります。
露天風呂もあるので冬はこっちに入る人も多いみたい。
ただ、露天からの景色は目の前が雪の壁になってるので皆無です。
ああ、空は見えましたw
宿泊の場合には、日帰り客の利用時間外に行くと空いてて良いかも。

食事は量も多くとても美味しかったのです。※食事中に料理を撮るのは好きではないため画像はありません。
とてもここが標高1,000メートルだと思えないくらいのクオリティでした
そしてここでもデザートにプリン(本日2つ目)
味は、蕎麦の味の白いプリンでした。
個人的には、白いコーヒープリンのほうが好きかな。初めて食べたときのインパクトも大きかったし。

そして部屋に戻ると布団の用意と共にこんなものが…

沸駒荘18

あの…今日だけでプリン3つ目なんですが…

話は少し戻り、食事が終わり部屋に戻る途中のこと。
なにやらロビーが騒がしく行って見ると支配人らしい人が外が大変なことになってるとのこと。
ハテ、もしかして猛吹雪か?と思い外を見るとそうでもないらしい。
この時間(20時くらい)普通でも寒くて外に出るのは躊躇われるのに、何故か外には数名の宿泊客が浴衣姿でおり、凍死願望でもあるのか?と一瞬思ったけど話聞くと月の変わった現象が出ているとのこと。

私も浴衣のまま出て見ると、月の周りに大きなリングが出来てる!!!
なにこれ。すごい幻想的なんですけど!!
これは撮らなくてはと思いカメラを構えるも…
あ…あれれ…肉眼では見えるのにカメラには映らない
コレは…一眼じゃないと無理ぽいなぁ;;
とりあえず撮ったけどやっぱりダメでした

沸駒荘21

翌日は綺麗な晴天だったので旭岳ロープーウェイに寄り道。

沸駒荘19

スキーヤーとスノーボーダーが超多かったwww

最後は湧駒荘さんと旭岳を撮って帰宅

沸駒荘20

自宅から1時間で来れるので運転疲れもなくゆっくりとした時間を過ごす事ができました。
また来たいなぁ



今回泊まったお宿はこちら↓
湯元 湧駒荘
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

函館旅行 追加記事

昨日の記事で1つ画像のアップを忘れていたものがありました
函館で買ってきた自分用のお土産です!!

函館お土産1
函館お土産2


2期も始まったので楽しみですね

これは通販もやっているそうなので興味のある人は、自力でググッてみてくださいw

テーマ : 旅行
ジャンル : 旅行

函館旅行

9/15~9/18の3泊4日で函館までちょっと遅めの夏休み旅行に行ってきました

今回はハンディの動画メインだったのでデジカメの写真は少なめです。。。

旭川から車で行く事にしたのですが、その日のうちに函館入りはちょっとキツイかなと思い、室蘭で一泊のスケジュール。

途中、恵庭と千歳の道の駅に寄り道がてらランチ。
道の駅ってその土地土地のご当地モノがあるから結構好きです
(特に北海道はご当地ソフトクリームが充実している気がする)

室蘭では、ご当地グルメの「室蘭カレーラーメン」に舌鼓。
白鳥大橋も車で渡ってみましたw
すぐそばに室蘭の道の駅があるので、白鳥大橋を間近で見る事もできます。

翌日は、伊達→あぷた→豊浦の道の駅を経由し、八雲にある「ハーベスター八雲」でランチ。
外観はこんな感じ。

函館旅行1

ここは少し変わったお店で、
『かつて(2008年位迄)、北海道八雲町のハーベスター八雲(実験農場)でも、ケンタッキーのチキン等を食べることが出来たが、現在は、ハーベスター八雲がケンタッキーより独立したため、味付けなどが違っている。』
とwiki先生が仰っているとおり、ケンタッキーから独立したお店です。
メニューもかなり豊富です
チキンも美味しかったけどピッツァも美味しかった

そして、美味しい料理を引き立たせるこの景色!!!

函館旅行2

あ、ちなみにテラス席で食べる時は、長時間席を離れると野鳥に食べ物を取られることがあります的な注意書きもありましたw(屋内で食べるスペースも勿論あります)

その後は、函館の湯の川温泉まで行きそこで一泊。
今回お世話になったホテルは、「湯の川プリンスホテル渚亭」さん。
ここは露天風呂付き客室が多いのが特徴で、奮発してその部屋に泊まってみました

部屋の露天風呂はこんな感じ↓

函館旅行3

洗い場とお風呂が別々になっていたので、体を洗う時に寒くなりにくいので

お風呂からの景色も素晴らしく視界一面に津軽海峡が広がっていました

函館旅行4

夕方から朝方に掛けては、イカ釣り漁船の漁火も見えました!

夕食・朝食共にバイキングを食べましたが、とても美味しかったです。
函館と言えば新鮮なイカ。勿論出ました、食べました。超美味かったー!!

翌日は、函館観光の予定でしたがあいにくの雨模様
なので近場の観光と屋内でも楽しめる場所をチョイス。

まず行ったのが、ホテルからもそれほど離れていない「トラピスチヌ修道院」
ここは日本初の女子修道院。
シスターさんに会えるかもとゆー邪な心は全く持っていませんッ!
函館旅行5
函館旅行6
函館旅行7

うーむ…やはり雨の為か人もまばら。そして雨が強くなってきた
一生懸命インなんとかさんを探してみましたが、残念ながら見つけることは出来ませんでした
ちなみに、ここの一角にはお土産店もあり、そこでは修道女さん達のハンドメイドロザリオや菓子等を売っていました。

雨が強くなってきたので屋外の観光は諦めて、この後は金森倉庫に移動してお土産等を買いましたw
五稜郭とか見たかったよぉ…

この日のホテルは函館駅すぐそばの「ロワジールホテル函館」
なぜここの宿にしたかというと、



ホテルの目の前が函館の朝市だからです!!
朝ごはんは朝市で食べよう作戦w

ちなみにこの日の夕食は、回転寿司の「函太郎・宇賀浦本店」さんで食べました。
やはりここでもイカが美味いッ!! 

翌日は当初の計画通り、朝市で朝ごはん。
ここには観光のネタ話には打って付けの場所があります。
それは、



イカ釣り堀!!
自分で釣ったイカをその場で食べる事が出来ます。
まあ、主なお客は観光客で値段もまあまあいい値段しますがw(この日は850円くらいだった気がする)
でも味・鮮度は抜群!!

お腹も満腹になり、チェックアウトの時間まで朝市をブラブラ。
あ、途中でいくら丼や生きた車えびも食べたっけw

お昼前にはまだまだ名残惜しい気持ちを胸に帰宅の途に。
帰りはほぼ高速を走り続け、途中休憩を挟みつつ21時頃に無事に自宅に到着しました
(途中三笠で一度高速を降りて温泉に寄りましたw)

旭川から可能な限り高速を使えば、7~8時間もあれば函館まで行けそうです。(途中で2~3回の休憩時間込みで)

ちなみに今回の旅行の走行距離は余裕の1,000キロoverでしたwww

また来年、函館方面に行ってみようと思います



★今回紹介したお店&ホテル★
ハーベスター八雲
湯の川プリンスホテル渚亭
ロワジールホテル
函太郎・宇賀浦本店
朝市 イカ釣り

テーマ : 旅行
ジャンル : 旅行

向日葵

北竜町の向日葵畑が見頃だと聞いたので、先週の週末に行ってみました

ローアングルで一枚。
斜面の一角全てが向日葵畑!!
聞いた話では130万本(日本最大級)あるとか

ひまわり5

一気に全部が咲いているわけではなく、エリア毎に少しずつピークの時期をずらしているみたいです。
なので、見頃が長めで今月末くらいまでは見れるのではないでしょうか?

行ったときは、上の画像奥の方が満開だったので移動。
近くで見るとこんな感じ。

ひまわり1 ひまわり2
ひまわり4 ひまわり3

一面黄色

他にも向日葵で作った迷路もあったり、カモやダチョウとの触れ合い体験(餌やり)も出来ます。
あ、あとここで売っている「ヒマワリソフトクリーム」もオススメ
向日葵の種を粉状にしてソフトクリームに入ってます。

また、近くに道の駅&温泉があるので、ここで散策してた後にサッパリすることも出来ますよ

※以前はもう少し高めの向日葵(人の背丈以上)だったけど、今回のは1m程のでした。植える品種が変わったのかな?それともこれからまだ伸びるのかな?

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

富良野ドライブ 夏編

先週の日曜日、午後から天気が回復してきたので富良野にラベンダーを見に行ってきました

この時期富良野はオンシーズン。
でも午前中はあいにくの天気だったからそんなに混んでいないかな~、と思っていたら甘かったデス…
道中すれ違う&見かけた観光バスの数、10台以上
ラベンダーファームの駐車場にも観光バスが常時10台以上…
一般の駐車場もほぼ満車…でも運よくすぐに止めれました

で、今回行ってきたのが↓の「ファーム富田」さん。
多分、富良野で1・2位くらいに有名なラベンダーファーム。
富良野に行った事ない人でも名前くらいは知っているかも。

ラベンダー9

ラベンダーはいたる所にたくさん咲いていて、ラベンダーの良い香りが常にしている感じ

ここからはラベンダーの画像をテキトーに紹介していきます。

ラベンダー1 ラベンダー2 ラベンダー3

ラベンダー4 ラベンダー5 ラベンダー6

ラベンダー7 ラベンダー8 ラベンダー10

時期的には満開までもう一歩だった気がするけど、それでも十分に堪能できました
多分見ごろは7月中旬過ぎくらいだと思うけど、その頃には夏休みシーズンに突入するので見に行く方はそれなりの覚悟をした方が良いかと思います…

ファーム内にはいくつかのお土産コーナーやカフェが併設されており、↓のはそのお土産コーナーの一つ。
中では、香水・化粧品・入浴剤・石鹸etcが売っていました。
香水や石鹸の製造過程を見学する事も出来ました。

ラベンダー11

展望台からの一枚。
ラベンダー以外の花も見ごろです!

ラベンダー12

暑くなってきたのでラベンダーソフトを購入。
ちゃんとラベンダーの風味がしました
(食べかけの画像でスイマセン)

ラベンダー14

ラベンダー以外の花はこんな感じ。

ラベンダー15 ラベンダー16

他にもカットメロンや茹でトウモロコシを売っている売店、生花を売っているお店等たくさんのコーナーがありました。
あ、メロンパンやシュークリームも売っていたっけ。
上でも書きましたが、お土産屋・カフェは何店舗かあり人数が分散されているのでそれほど待つということはありませんでした。
ただ店舗により商品の提供スピードに違いがあります

この時期の富良野はとても華やかでオススメです(人も多いケド)
興味のある人は是非!!


ファーム富田



オマケ
ファーム富田から車で10~15分ほど行くとカンパーナ六花亭に行けます。
あいにく16時を過ぎてしまったので景色だけ堪能。
(某徳姫さんが大好きな)神々の遊ぶ庭とカフェは16時まで
テラスにはイスもあるので今度ゆっくりと来たいと思います。
何もしないでゆっくりと雄大な景色を眺めて過ごすものいいものです。

ラベンダー19

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

今週の市順位
10位
著作権
1. 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 (C)2003-2010 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
2. このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
プロフィール

杜若宗介

Author:杜若宗介
活動サーバー→萌黄
生産依頼は、最近インの頻度が不安定なので時間がかかりますことをご了承願いします。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。